期待外れの中華レストランで食事

前から気になっていた新しい中華レストラン。
交通量の比較的多い場所にあり、駐車場も広いので私も安心して行けると思っていました。
聞くところによると、メニューも多くて値段もそれほど高くはないと言います。

長い間、是非行きたいと思っていました。
そんな話をしていたら、主人もかなり乗る気のよう。
家族みんなで足を運ぶことになりました。
中華料理と言えば、色々なメニューが思い浮かびます。
昔中国に滞在していた経験もあり、豊富な料理名を私は知っています。
それに、台湾は一番好きな国。
ショーロンポーを始め、色々美味しい物がたくさんあることも知っています。
ですから、期待してこの中華レストランに行きました。
まずはチャーハン。
これは絶対に注文するメニューです。
他に、酢豚や回鍋肉などおなじみのメニューをいくつか注文しました。
エビマヨと、ニラレバも頼みました。
そして、ショーロンポー。
しかし、こちらは期待外れの味でがっかり。
皮が厚くて台湾で食べたものとはまるで違いました。
私たちが知っているショーロンポーは、もっと皮が薄くて柔らかく、お箸でつまんでも皮が破けたりしません。
しかし、ここのショーロンポーはすぐに穴が開き、中から汁がこぼれてしまいます。
酢豚は、特に私が好きな料理です。
中華料理を食べる時は、必ず注文するメニューです。
こちらのレストランの酢豚は、甘すぎて今一つ。
結果、残してしまう料理もけっこうありました。
一度は行ってみたいと思っていたレストランでしたから、もう思い残すことはありません。
たぶん、もう行くことはないと思いますが、行けて良かったなとは思っています。